キーパーズ 東京支店

2011年3月30日 (水)

会社の近所・・・その1。

  こんにちわ、少し暖かくなってきて嬉しい“ひなを”です。

今回は「キーパーズ東京支店」の周りを紹介します。

東京支店は大田区大森本町という場所にあり、社屋のすぐ裏には旧東海道が走り

正面には国道15号線が通る現代と過去が入り混じるエリアに位置します。

近所には東京競馬場や羽田空港もあり、江戸時代以前からの東京ベイエリアとして

栄えてきた歴史があります。

そんな大森本町から10分ほど車で走ると、こんなものをよく目にします。

いったいこれは何でしょう?

   110304_004

            正解は・・・、  

         ↓

         ↓

         ↓

    110304_006                  

            モノレールでした。

近くには「流通センター駅」や「昭和島駅」などがあり、浜松町~羽田空港の

ほぼ中間地点あたりに位置します。

ちなみに当社の家電リサイクル品は流通センター付近のリサイクルセンターへと

運んでおります。

お客様の大切な遺品は無駄にせず、大切に扱わせていただいてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月20日 (日)

震災。

震災の被害にあった方々へ心からお見舞い申し上げます。

震災の当日、“ひなを”は都内のケアホームにて遺品整理の見積もりの最中でした。

女性2人と遺品の確認をしている最中にいきなりの揺れにびっくりした事を

今でも鮮明に覚えています。

自分の経験にはない揺れというのは、やはり動転するもので依頼者の女性を

何とかしなくてはという思いばかりでちゃんと行動が出来ていたかは微妙なところです・・・。

結局その日は最終決定を見送り、地震が落ち着いたところで後日に決定するということで

その場を後にしました。

会社の車でしたので、車を置いて帰ることもできず通常30分で会社へ帰れるところ、110311_008 車が溢れ進まない道、歩きの方が早い。

結局8時間以上かかり結局自宅に着いたのは深夜2時過ぎでした。

これだけ文明が発達しても人間天災には勝てないということを再確認した瞬間でした。

またこれからは自分も緊急時に臨機応変に考え、動かなくてはならないと実感しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月10日 (木)

こんにちわ☻

 こんにちわヽ(´▽`)/キィーパ君です。昨日から何やら足が攣っています。思い当たる節も無く、必死で解していますが変化なしです。年を重ねるということは、こういった事なのでしょうか?

 さて、最近の楽しみは『春探し』です。作業現場へ伺う先々で春を感じておりますcherryblossom。先日も移動中に梅の木に花が咲いており、春が近づいて来たんだと和んでしまいました。しかし、今日は昼過ぎ辺りから寒くて仕方なかったですがね・・・。

まだまだ寒く感じますが、お体には気を付けて下さい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 5日 (土)

消えた遺品

まいどsign01キーパー太郎です。

先日、静岡県で作業した時のお話です。

・・・妹様の部屋を片付けて欲しいとの依頼で、三島市へ見積に伺いました。

依頼者は東京在住のお姉さま。2K程のアパートだったのですが、2tトラック1台分の荷物が有りました。

っと、ここまでは普通の見積もりとなんら変わりはないのですが、見積もり中に近所の方が「家財も全部捨ててしまうんか?植木やガスコンロを譲ってくれないか?」と、依頼者に話しかけてこられました。

依頼者も、貴重品や形見になる物はすでに東京へ持ち帰っていたので、「どうぞ好きな物を持ち帰って下さい。その方が妹も喜びます」と快く返事され、午後から用事のあった依頼者は隣の住民に鍵を預け東京に帰られました。

そして作業当日・・・

私は2tトラックに乗り込み、作業員2名を引き連れ現場に向かいました。

依頼者と一緒に隣の家に鍵を取りに行き、現場の玄関を開けると部屋はガラ~ンsign02

無い無い無い何も無いcoldsweats02

電化製品から故人が使っていた茶碗までsweat01

部屋には数組の布団と衣類、その他雑貨類しか残って無かったのです。

なんでも見積した後に近所の方が集まり、ほとんどの家財を持って帰られたそうです。

結局、作業は掃除も含め30分で終了。

東京ではもうあまり見られないご近所パワーにビックリsign03

依頼者もたくさんの方に妹の遺品を引き取ってもらえて大変喜んでおられました。

私もほとんど仕事にならない案件ではありましたが、遺品整理の本来あるべき姿を垣間見る事が出来、心温まる忘れられない出来事になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月28日 (月)

愛車その1

如月も最終日となりました。今年はうるう年で28日までしかなく忙しさ倍増?

な感じでした“ひなを”です。

早速ですが、そんな忙しい時の相棒を紹介したいと思います。

遺品整理には家の種類は問いません、また場所も千差万別です。

道幅の広いところもあれば、狭い場所も在ります。

その中でも今回は道幅の狭いところに威力を発揮する車を紹介します。

その名も「三菱ミニキャブ」です!会社での愛称は「軽ホロ君」です。

後日紹介しますが、通常は2tトラックで現場に向かいますが。。。

極端に道幅が狭い場合「軽ホロ君」が大活躍します。

最近車検を通して調子がいいので自分の現場ではよく愛用させていただいてます。

 110304_009 三菱ミニキャブ

スピードも出ませんが荷物は積める頑張りやのトラックです。

もし見かけても、遅いからって怒らないでくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月27日 (日)

読書の春

こんにちは、“ひなを”です。

最近のマイブームを述べたいと思います。

今更ですが東野圭吾です。

少し前にテレビで放映していた「新参者」が面白く東野圭吾作品を読もうとした次第です。

中でも「新参者」で主人公だった加賀恭一郎が出ているシリーズを頭から読みました。

いままでマンガ以外で主人公が続けて題材になる物語を読んだことが無く、

面白く読ませていただきました。

全部で6作ほど読破しましたが、ミステリー小説です。

しかも作品の中には最後の最後まで真犯人が解らないという画期的?斬新?というか・・・

謎解きの無い作品があるんです!読み終わって暫く放心状態でした。。。

寝る前に布団の中で読む小説もなかなかいいモンですよ。

ちなみに当社社長が執筆した

遺品整理屋は見た! (扶桑社文庫)

は、布団の中で読むことはオススメできません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月25日 (火)

大阪文化とは・・・

引き続き大阪研修中の“ひなを”です。

そこで大阪独自?の文化でもある「粉モノ」について考察したいと思います。

粉モノとは・・・

小麦粉やそば粉などの食用粉末から作られた料理。

麺類はすべて粉物に属し、その他のゆでて作る粉物には団子やすいとんなどがある。

お好み焼きやたこ焼きなどの溶いた小麦粉を焼いて作る料理のみを指す場合も多いので、

これを狭義の粉物といってもよい。ケーキやパイなどの菓子類も広義には含まれる。

以上、はてなキーワードより抜粋。

そこで食べてきました、お昼ごはんに大阪名物たこ焼きを!

0026  0027_2

しかし車で走っているだけでも、数多くのたこ焼き屋を目にします。

現場帰りに発見した“たこ焼き屋ミラクル”へ行ってみる事に。

早速注文したのは、もちろんたこ焼き!

0029  ←6個300円。

外は“カリッ”中は“じゅわ~” 寒空で食べるたこ焼きの美味しいこと。

そして醤油味で食べるのも初体験、関東のとは全く違い中身のトロトロ具合にはビックリ。

しかも生地自体に出汁が効いているので、そのままでもおいしい。

ガイドブックに載ってない店でもこの旨さ!

粉モノ文化、本当に侮れません。ぜひともお試しあれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月30日 (木)

今年も終わりですね・・・。

12月30日今年最後の仕事が終了しました“ひなを”です。

今年最後の仕事は形見分けの配送でした。

亡くなった方の遺品を無駄にしないというのは、

本当のリサイクルといえるのではないでしょうか?

D1000143_2 ←毎年こんな感じ。

さて自分はこれから奥様の実家へと旅立ちます。

向かうは新潟県、大雪の高速道路らしいのですが

スタッドレスも装着したのでまあ大丈夫でしょう・・・(汗)

行ってきます。

来年も宜しくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月30日 (火)

孤立死現場の共通点

キーパーズでは年間200~300件の孤立死現場の依頼が入ります。

その多くは男性の孤立死です。死後1週間なんて当たり前。死後数か月なんて事もキーパーズでは珍しくもないのです。しかも数年来、来客が無かったであろう散らかり放題の家なんです・・・

ではなぜ男性で散らかり放題の部屋が多いのでしょうか??

大きな要因の一つとして、親戚や友達との付き合いが、女性に比べると圧倒的に男性の方が下手なんですよね。

勤めている時は会社の同僚が家に来てくれる事もあるのでしょうが、定年や退社された後ではどうでしょうか??

部下や同僚も家に来なくなり、部屋は散らかる一方。たまに子供や親類が来たいと言っても今のみすぼらしい生活を見られたくないので断る。近所付き合いも挨拶程度。

・・・まさに孤立死スパイラル・・・

しかし女性は近所付き合いが男性よりうまいですよね。

近所の友達を家に招いてお茶会や食事会。招待された方は次は私の家で・・・

なんて具合に、お互いの家を行き来する仲の友人が数名は居られるのではないでしょうか?

もし仮に部屋で亡くなったとしても、心配してくれる人が多いので1~2日で発見される場合が多いのです。

あなたの周りには自分の事を気にかけてくれる人が何人いてますか?

知り合いが訪ねてきても玄関先だけの対応になっていませんか?

散らかっている部屋で一人住まいの方は危険ですよ。

たまには少し部屋を片付けて、友人を招待して下さい。

そうすればその友人も、あなたを自分の家に招待してくれるはずです。

何年経っても人との接点の絶えない人生でありたいと思うキーパー太郎でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気になる物シリーズ。。。

師走目前になり年末の雰囲気になってきました、“ひなを”です。

ちなみに最近の朝食はバナナと朝マックがブームです。

遺品整理をしていますと、いろいろな面白い物に出会う機会が多くなります。

D1000955

そこで発見、毛沢東のオイルマッチ。

喫煙者がまだまだ多い中国ならではのアイテム。

負けるな喫煙者!

以上、気になる物でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)