« 2011年2月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年3月

2011年3月31日 (木)

震災後生活その2

世間は自粛ムードということで省エネ休日を過ごしたキーパー五右衛門ですnight

先日見積もりの帰りに夜の隅田川沿いを通って帰ったのですが

橋のライトアップまったくしてませんでしたflair

今頃は花見の準備に大忙しのはずの屋形船業界も大ダメージを受けているようですship

自粛ムードの行き過ぎには首を傾げてしまいますが

いざ花見だ、宴会だとドンチャン騒ぐことができるかというと、、、それも難しいですねthink

我が家は家族サービス屋内自粛バージョンということで

娘と久々にお風呂に入り、嫁に特製パスタを振る舞いましたrestaurant

明日から4月に入り娘もいよいよ幼稚園入園なので

春満開で過ごしていこうと思いますcherryblossom

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月30日 (水)

こんにちわ☻

  このたびの地震災害により被災された皆さまへ

 東日本巨大地震により被災された皆さま、ご家族ならびにご関係者の皆さまに心からお見舞いを申し上げます。

弊社は、『天国へのお引越のお手伝い』。遺品整理業です。

大切な方との死別は、頭では分かっているつもりですが心では、正直難しいところでもあります。この様な苦しい状況にも、連日のニュースや新聞からは笑顔が届いています。この力強さに心を打たれました。逆に元気をもらったりしています。

微力ながら、募金という形で行動している自分ではありますが、復興へ向け国内・外問わずみんなで頑張りましょう!!

また、安否確認が出来ない方々がたくさんいらっしゃいますが、少しでも可能性がある限り無事を祈っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

震災後生活その1

電車生活18年こんなに混んでる電車通勤ははじめてpunchキーパー五右衛門です

このまえはカバンの中の弁当箱の中の朝ごはん用おにぎりriceballがつぶれる始末。

大好きなメンタイコトビデテタヨweep

あのぎゅうぎゅうずめ状況でも携帯ゲームをやめない人もいるから

逆に感心しちゃいますねeye

はやく電車はもとどおりに戻り、高速の車の少なさはこのままという

都合のいい状況を望んだら怒られちゃいますねbomb

| | コメント (0) | トラックバック (0)

会社の近所・・・その1。

  こんにちわ、少し暖かくなってきて嬉しい“ひなを”です。

今回は「キーパーズ東京支店」の周りを紹介します。

東京支店は大田区大森本町という場所にあり、社屋のすぐ裏には旧東海道が走り

正面には国道15号線が通る現代と過去が入り混じるエリアに位置します。

近所には東京競馬場や羽田空港もあり、江戸時代以前からの東京ベイエリアとして

栄えてきた歴史があります。

そんな大森本町から10分ほど車で走ると、こんなものをよく目にします。

いったいこれは何でしょう?

   110304_004

            正解は・・・、  

         ↓

         ↓

         ↓

    110304_006                  

            モノレールでした。

近くには「流通センター駅」や「昭和島駅」などがあり、浜松町~羽田空港の

ほぼ中間地点あたりに位置します。

ちなみに当社の家電リサイクル品は流通センター付近のリサイクルセンターへと

運んでおります。

お客様の大切な遺品は無駄にせず、大切に扱わせていただいてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月20日 (日)

震災。

震災の被害にあった方々へ心からお見舞い申し上げます。

震災の当日、“ひなを”は都内のケアホームにて遺品整理の見積もりの最中でした。

女性2人と遺品の確認をしている最中にいきなりの揺れにびっくりした事を

今でも鮮明に覚えています。

自分の経験にはない揺れというのは、やはり動転するもので依頼者の女性を

何とかしなくてはという思いばかりでちゃんと行動が出来ていたかは微妙なところです・・・。

結局その日は最終決定を見送り、地震が落ち着いたところで後日に決定するということで

その場を後にしました。

会社の車でしたので、車を置いて帰ることもできず通常30分で会社へ帰れるところ、110311_008 車が溢れ進まない道、歩きの方が早い。

結局8時間以上かかり結局自宅に着いたのは深夜2時過ぎでした。

これだけ文明が発達しても人間天災には勝てないということを再確認した瞬間でした。

またこれからは自分も緊急時に臨機応変に考え、動かなくてはならないと実感しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月13日 (日)

ビックリ!キーパー子の巻

どもpaper パー子です。

皆さん!地震 大丈夫でしたか!?

被災にあわれた方や亡くなられた方もたくさんいらっしゃるとTVで見ました。

心よりお悔やみ申し上げます。

ちょうど最初の大きな揺れの時、パー子はグループホームに入所している母の所に居ました。

母と手をつなぎ「大丈夫。大丈夫だよ。」といいながら、『いざとなったらオンブして逃げるぞッ』と心に決めておりました。

こういった地震の際、一番心配な母の側に居られたので本当にホッとしました。

あの揺れから一日経ち、TVを見て唖然としました。何も無い…。今までそこで生活をされていた方はもっと信じられない光景でしょう。

普段はあたりまえの日常風景が、地震一つで跡形も無くなくなってしまうなんて。

今までこんな大きな揺れは初めてでしたが、本当にどこにも逃げようのない地震大国日本に私たちは住んでいるんだと実感しました。

どうか、どうか一日も早く、ご家族の安否がわかるよう、また残念ながらお亡くなりになった方のご遺体が、ご家族の元に帰れるように祈らずにはいられないです。

まだまだ、余震が続いてます。気を付けて慎重にいきましょうネgood

キー・パー子でした。paper

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月10日 (木)

こんにちわ☻

 こんにちわヽ(´▽`)/キィーパ君です。昨日から何やら足が攣っています。思い当たる節も無く、必死で解していますが変化なしです。年を重ねるということは、こういった事なのでしょうか?

 さて、最近の楽しみは『春探し』です。作業現場へ伺う先々で春を感じておりますcherryblossom。先日も移動中に梅の木に花が咲いており、春が近づいて来たんだと和んでしまいました。しかし、今日は昼過ぎ辺りから寒くて仕方なかったですがね・・・。

まだまだ寒く感じますが、お体には気を付けて下さい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 9日 (水)

卒業シーズン

こんにちはnotesキーパーズママですscissors

先週、卒業式に行ってきましたnote

高校に入学し、あっという間の3年間だったように思いますcherryblossom

卒業式が終わって、教室に戻って先生と一人ひとりのお別れの挨拶…親としてグッときましたthink

子供たちの挨拶を聞いていると、素敵なクラスメイト達に囲まれて楽しい時間を過ごしたんだろうなぁ~ってshine

校庭に出て、みんなで記念撮影大会のようになり、調子にのった我子たちは、サイン帳やアルバムの後ろにメッセージを書くのに飽きたのか…ワイシャツの背中に油性マジックで落書きをし始め…coldsweats02 親もびっくりwobbly

高校生の行動にはびっくりさせられるばかりですpunch

でも、高校時代って一番楽しい時かもしれませんねsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 5日 (土)

消えた遺品

まいどsign01キーパー太郎です。

先日、静岡県で作業した時のお話です。

・・・妹様の部屋を片付けて欲しいとの依頼で、三島市へ見積に伺いました。

依頼者は東京在住のお姉さま。2K程のアパートだったのですが、2tトラック1台分の荷物が有りました。

っと、ここまでは普通の見積もりとなんら変わりはないのですが、見積もり中に近所の方が「家財も全部捨ててしまうんか?植木やガスコンロを譲ってくれないか?」と、依頼者に話しかけてこられました。

依頼者も、貴重品や形見になる物はすでに東京へ持ち帰っていたので、「どうぞ好きな物を持ち帰って下さい。その方が妹も喜びます」と快く返事され、午後から用事のあった依頼者は隣の住民に鍵を預け東京に帰られました。

そして作業当日・・・

私は2tトラックに乗り込み、作業員2名を引き連れ現場に向かいました。

依頼者と一緒に隣の家に鍵を取りに行き、現場の玄関を開けると部屋はガラ~ンsign02

無い無い無い何も無いcoldsweats02

電化製品から故人が使っていた茶碗までsweat01

部屋には数組の布団と衣類、その他雑貨類しか残って無かったのです。

なんでも見積した後に近所の方が集まり、ほとんどの家財を持って帰られたそうです。

結局、作業は掃除も含め30分で終了。

東京ではもうあまり見られないご近所パワーにビックリsign03

依頼者もたくさんの方に妹の遺品を引き取ってもらえて大変喜んでおられました。

私もほとんど仕事にならない案件ではありましたが、遺品整理の本来あるべき姿を垣間見る事が出来、心温まる忘れられない出来事になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年6月 »