« 2010年1月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年2月

2010年2月10日 (水)

お局キー・パー子の『情けは自分の為なのね?』の巻

ども!キー・パー子です!

いや~今年も残すところ後、10ヶ月ですね…。happy02
おいおい、まだ鬼に豆ぶつける月ですがな!(ひとりツッコミはさておき…)

ということで今年は、皆さん豆蒔きしましたか?
私は、食べる専門です!歳と同じ20粒ほど!(←ウソつけぃ!)

幼い頃、私の家では節分といっても特に豆を蒔くような行事はしていませんでしたが、
テレビでよく見かけて不思議に思っていました。

部屋に蒔いた豆はその後どうするの?タンスの後ろとかに入っちゃった豆とか…。
あんなトコとかこんなトコとかに入っちゃったヤツとか…。

やっぱりもったいないから拾って食べるのですよね?
たいへんそう…。shock

どうせなら、茶殻を蒔いて掃除するって案はどですかね?
『ゴミは外、金は内!』(……。)
なんか生々しくなってきたので話題変更!

先日、某都内の地下鉄train車内でのこと。
その地下鉄、ラッシュ時はかなりの混雑で有名なのですが、
ちょうどピーク時に乗ってしまい、車内満員御礼状態で必死に手すりにつかまり、
降りる駅をまだか~まだか~ガマン・ガマンとやり過ごしておりましたが、
ある駅に着いた時、目の前の席がパッと空いたので、
smileヤッター!ラッキー!』とばかりに座りました。
がッ!…。
乗車される方の波が再び押し寄せて入ってくる中に、品のいい感じのおばあさまが乗って来られ、私の目の前に立たれました。
『どうしよう…。今座ったばっかりなのよね…。ウ~ンthink。』と、こころの声。
『いいじゃん。寝たフリすれば!』と、デビル・パー子gawk
『ダメダメ!あと3駅じゃん。席をゆずりなさい!』と、エンジェル・パー子pout
確かにあともう少しで降りる駅だし、まだまだ混み合いそうな車内なので、
ここはヒトツ、エンジェル・パー子の言うとおりにしてみっか!
ということで、席をおゆずりしました。

「いえいえ、私もすぐに降りますから…」
とご遠慮されていましたが、ここで引けない女の意地!
「いえいえ、混んでますからどうぞどうぞ。」
「ありがとうございます」とおっしゃられてお座りになってくれましたが、
私が荷物を持って立っているのを見て、
「お荷物お持ちしましょうか?」とそのおばあさまがおっしゃってくれました。

  『なんてお優しい!お願いします!(ってオイ!)そうでなくて…。』

「あっありがとうございます。大丈夫です。棚に載せますから…。」
と言ってついつい棚に荷物を載せてしまいました。

やっと到着駅に着いたので、降りようとした時、そのおばあさまからまた丁寧にお礼を言われ、恥ずかしくなってそそくさと電車から降りてしまいました。

それから改札口を出て、待ち合わせしていた人に電話しなきゃと思い…。
『ん?ケイタイ?あれ?………。ヤバイッ!crying さっき棚にバック載せてそのまま忘れてしもたぁ~!』
いっそいで、地下鉄の改札口にある窓口に行き、事の次第を説明すると、
「あ~これですか?」と駅員さん。
「そうです!それそれ!」
「お客さんがすぐに気づいてホームの駅員に渡してくれたみたいですよ」
「ありがとうございますぅ」

きっとあのおばあさまが気付いてくれたんだぁ!ありがたや!
財布も免許書も入っていたので、本当に頭真っ白になりました。

まさに『情けは人のためならず』な状況。

先日、このことわざの意味をあるドラマの中で言ってましたけど、

それまでは『情けをかけることは人の為にならないよ』って私も思ってましたが、
そうでなくて、
『人に情けをかけるといずれ自分に良い事が還ってくるよ』ってことだそうな。

ヨ~シッ!いっぱい勇気ふりしぼって情けかけまくろうっと!(←下心バレバレ)

皆さんも『情けの花』をバンバン咲かせましょッ!cherryblossom もうすぐ春ですから!

それでは、キー・パー子でした! ByeByepaper

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 3日 (水)

東京にも...

雪が積もるんですねsnow 兵庫生まれ大阪育ちで東京で初めての冬を迎えているキーパー孫(ソン)です。東京には雪など降らないと勝手に思い込んでいたのでちょっとした衝撃を受けましたshine

子どもの頃は雪が積もるとただただ嬉しくて、外にくりだし遊んでいたのですが、今となっては、交通事故は起きるわ、朝寒いわ、道路ビショビショになるわとあまり喜んでいられませんgawkでも東京で見た雪に感動させられました。

さてさて、私がキーパーズ東京支店にきて7ヶ月が過ぎました。この短い間を少し振り返ってみるとお客様から

「大変だったでしょう、ありがとう。」

といったお言葉や、お手紙をたくさん頂く事ができましたhappy01ある暑くて倒れそうな夏の日に、自家製のレモンティーを頂いたり、こちらこそ、お客様へお心遣い本当に有難うございますconfident。とこの場を借りて伝えたいです。

お客様に喜んで頂く仕事なのに、こっちが喜ばされてどうするんだ!と言われそうですが、今後もたくさんの方に

「ありがとう。」

と言ってもらえるような遺品整理のお手伝いをしていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年6月 »