« 2009年3月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年5月

2009年5月24日 (日)

☆とてもうれしいこと☆

ブログ読者の皆様お久しぶりのナーコです。

世間では、新型インフルエンザが猛威を振るっているようですが、皆様お元気でしょうか?

どんな病気でも、免疫力が下がっていたり、疲れがたまっていると酷くなってしまうことが有ります。お気をつけくださいweep

さて、今日はとてもうれしいお知らせがありますsign03

キーパーズがモデルとなった、さだまさしさんの新作小説「アントキノイノチ」が幻冬舎よりついに発売されたのですsign03happy01

社長のブログにも書かれていましたが、さだまさしさんが始めてキーパーズへ取材にお越しになってから1年。

この小説が出来上がる日を心待ちにしておりましたconfident

さだまさしさんといえば、最近の「わたしは犬になりたい\490」もそうですが心に沁みるすばらしい歌を歌われていますnote

それだけではなく、小説も「眉山」や「解夏」など献体や病など人の持つデリケートな問題を誠実に誠実に書かれるすばらしい作家さんです。

そんな方がキーパーズをモデルに小説を書かれるなんてcrying

とても光栄で、恐れ多くて、とても嬉しいことですbearing

このように取り上げて頂いたことに感謝しながら、社員一同これからも少しでも皆様のお心が軽くなるようなサービスを心がけていきたいとおもっておりますhappy01

本の詳細は以下になります。

「アントキノイノチ」

著/さだまさし

出版/幻冬舎刊

書籍タイプ/単行本

定価 1,400円 (本体価格1,334円)

あらすじ

21歳の杏平は、ある同級生の「悪意」をきっかけに2度、その男を殺しかけ、高校を3年で中退し、それ以来、うまく他人とかかわることにできない心の病を抱えていた。

彼を心配する父の口利きで、遺品整理業“CO-OPERS”の見習い社員になった杏平は、亡くなった方のため、ご遺族のため誠実に働く会社の先輩たち、そして同い年の明るいゆきちゃんと過ごすことで、少しずつ心がほぐれてゆく。

けれど、ある日ゆきちゃんの壮絶な過去を知り、「生命」の本当の意味を初めて知ることになる……。

爽やかな涙が流れる感動の青春小説。

関連リンク

「アントキノイノチ」発売記念特設サイト

是非皆様、書店でお手にとってみてください!!!

今回も長くなってしまったのでこの辺で失礼いたします。

いつもお付き合いいただきありがとうございます。

ではまたお会いしましょうhappy02

cat東京支店 営業事務ナーコcat

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年5月 1日 (金)

キーパーマン日記 Vol.3

 最近、少子高齢化問題を取り上げるメディアが増えています。弊社への依頼

にも関連した内容の仕事が増えつつある事を実感します。たとえば、独り暮ら

しをされていた高齢者が老人施設へ引越しするため、不要になった家財を片

付けるといった仕事です。

 先日、テレビである老人ホームの現状を特集していました。比較的安い費用

で入所できるそのホームは人気が高いという事もあって、現在入所待ちが100

0人を超えているそうです。年間、新規に入所できる人数が20人とのことなの

で最後の人が入所できるのはナント50年後wobblyという計算です。ミッドフォーの私

が今から申し込んでも、生きているうちに入所できないかも知れないと笑うに

笑えないのが現状です。coldsweats02

 以上のような話は介護問題とも密接に関わっています。介護をする人が疲れ

たといっても一時的に預けて、世話をしてもらうという施設も不足していてニー

ズに応えられていないようです。挙句の果てには、介護疲れで無理心中という

悲劇が発生し、先日も女優が自らの命を絶ったニュースがありました。weepこの

様なことは自分が当事者になってはじめて他人事ではないことに気がつき、慌

ててしまいがちです。

 私も高齢の両親を抱える身として、日々現場の作業をしながらどのように解

決していくか模索し続けて、少しでも同様の悩みから開放される人が増えるよ

うに微力ながら社会貢献をして行きたいと思う、今日この頃です。paper

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年8月 »