« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月28日 (月)

水飲みマシーン

こんにちは、キーパーパパでございます。 

                                         

梅雨も終わり、暑い夏がやってきました。sun

この時期の作業で気をつけなければならないのは、熱中症です 

                

我社の現場作業も、締め切った室内での梱包作業や階段搬出作業など、熱中症の危険がいっぱいです。

                                                          

つい最近も作業中のスタッフH君が、フラフラしながら「なんだか頭が痛いです。」と遠い眼差しになってしまいました。shock

 

そこで元アウトドアスポーツのインストラクターであった私が、熱中症の起きるメカニズムや予防法について書いてみたいと思います。エッヘン!good 

  

sun 熱中症とは?

熱中症とは暑熱環境の中で運動することにより体温調整機能がうまく働かず体内に“熱”がこもってしまい全身にさまざまな不調を起こすものです

  

では、体温調整の機能とはどんなものでしょう。

 

 1、 皮膚の表面から空気中へ熱を放出する。

 2、 汗をかき、汗が蒸発することによって熱が奪われる。(気化熱)

通常の環境下では、皮膚から空気中へ熱が移りやすく体温の上昇を抑えることができます。更に汗をかくことで熱が奪われ、体温を上手にコントロールすることができるのです

  

しかし、気温が体温より高くなると空気中への熱の放出が難しくなるため、体温調節は発汗だけに頼ることになります。sad

更に湿度が高いと汗をかいても流れ落ちるばかりで、ほとんど蒸発しなくなりますつまり熱を奪うはたらき(気化熱)を利用する事も出来なくなってしまうのです

  

bomb 症状

水分不足による脱水と、血管拡張に伴う血圧低下が進行し、脳への血流が不足します。そのために生じる、頭痛やめまい、吐き気、脱力感などがみられます。

また、顔色が青ざめて脈も速くなリます。

flair 予防・対策

予防としては、ありふれたことですが、こまめな水分、塩分補給です

 

喉が渇いたと思ったときには、既にかなりの水分が奪われていることが多いそうです。

また、汗によって奪われる水分量は、多いときには1時間に1リットルに及ぶこともあるらしい。定期的にしっかりと水分、塩分を補給しましょう。

 

かつての私は水飲みマシーンとまで呼ばれていました。 

  

 熱中症になってしまったら

体温を下げるために、涼しい場所に移動し衣類を緩めて休む。

濡らしたタオルや氷で手足を冷やす。風を送って冷やす。

スポーツドリンクなどを少しずつ何度かに分けて補給する。

 

体調管理も仕事のうち。気合や根性だけでは防げないので、コンディションをよく把握しながらこの夏を乗り切りましょう。

  

  

ちなみに昨日、一昨日は連休を頂き、我が家は実家に帰省してきました。

そして妻の出産予定日は8月末なのですが早々とチャイルドシートを購入 !

浮かれています。chick

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月20日 (日)

大迷惑

こんにちは、 久しぶりに更新するキーパー太郎です。

暑い日が続きますねsun皆さんは夏バテになっていませんか?

そんな夏のある日・・・東京支店の影の頑張り屋。見積専用号のHONDAアクティー(軽自動車)で首都高速を走行中dash八重洲線の渋滞にハマッてしまいました。

当社のアクティー君は走行距離17万キロsign01お困りのお客様の元に1番に駆けつけ、関東中を走り回る元気な車なのですが、さすがに連日の猛暑で元気をなくしたのか、八重洲線のトンネル内でプスン・・・プスン・・・『おーいsign01もしも~しsign02

私の祈るような問いかけにも反応無しcrying渋滞中のトンネル内でエンジンストップsweat01新たな渋滞を作る結果となりました。

焦りながらも管理センターに問い合わせ、事情を説明し、救助を要請。到着まで20分程度掛かるとの事。

10分後・・・渋滞の最後尾が通過coldsweats01

15分後・・・トンネル内に車が1台も居なくなるcoldsweats02 エッsign01通行止sign02

20分後・・・誰も居ないトンネル内で1人でオロオロweep

やっと20分が過ぎた所でJAFと管理センターの車が到着dash

車を壊し、挙句に通行止にまでして落ち着きのない私を見て

『運転手さん、怪我は無いですか?』

と、優しく笑顔で声をかけて下さいました。正直、めちゃめちゃ嬉しかったですsign03

落ち着きを取り戻した私に、少しずつ事情を聞きだし、丁寧に作業の流れを説明くれました。

たった一言で人の心を落ち着かせ、安心を与える事が出来るんですね。

当社のお客様は、今回私が経験した事よりももっと困っているに違いありません。

お客様を安心させれる言葉選び。どんな状況でも的確なアドバイスが出来、お客様の不安を全て取り除ける本当の遺品整理のプロになりたいと思います。

言葉の大切さを胸に刻み、これまで以上に優しさや、思いやりのある対応を心掛けようと心熱くする出来事でした。

アクティー君。早く元気になって20万キロを目指そうなgoodってまだ乗るんかいsign03sign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月19日 (土)

 こんにちわ!すきっぱーズ改め、キィーパ君です。宜しくお願いいたします。

さて、今日お話するのは、一年前に息子様の遺品整理を行ったお客様です。

一年前も最近のような気温bearingが続いていましたね。ある一室で孤独死された男性がいました。この方は2週間後、ご近所の通報で発見させました。腐敗も酷く、臭いも強くあった為か、ご遺族は室内へは入りませんでした。『それでは、お見積もりさせて頂きますね。』 一人室内へ!この気温で室内はドンヨリです。私は一人スーツ姿でポツリンコchickピヨってしまいそうでした。しかーし!故人様に見られているかもしれませんので、気を引き締め見積もりをしました。その甲斐あってかご成約頂きました。すると『炊飯器は供養して下さい。』と故人のお母様がつぶやきました。この一言が印象的でした。後日、遺品整理を無事終え、お部屋をお父様に確認して頂き終了しました。こうして炊飯器の供養も終えると『故人様や遺族の方々へ無事終了しました。』と思えます。

先日、今お話したお客様(お母様)よりお電話頂き、『お世話になりました。丁度去年頃、遺品整理して頂いたんですが、お部屋の状況を聞いてもよろしいでしょうか?』という内容でした。私も中でも記憶に残るお客様でしたので、出来る限りお伝えすることが出来ました。やはり、息子様が最後まで生活していた部屋を母親として知っておきたい!という気持ちがとても伝わってきました。最後に『ありがとうございます。これで、息子の死を受け入れられそうです。』とおしゃいました。

また一つ、貴重な“ありがとう”を頂き、胸に刻みました。明日からもがんばろうと思えた瞬間でした。

                          キィーパ君fuji

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »